読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

貧乏・大臣・大大臣

Tinker, tailor, soldier, sailor,
rich man, poor man, beggar man, thief

これ、子供のとき習ったんだよね。
学校だったのかなあ。
なんか数える歌だったっけか。
日本でいうと「貧乏・大臣・大大臣」
みたいなものなんですかね。

そんなわけで今日は、とんでもない雨足のなか
ようやく観てきました!
映画「裏切りのサーカス」。
原題「TINKER TAILOR SOLDIER SPY」。

よすぎてね…これが…

1970年代の英国諜報部<サーカス>。
引退に追い込まれたスマイリー(ゲイリー・オールドマン)に、
組織の内部にもぐりこんだ二重スパイ「もぐら」を
捜しだせとの命が下される。

原作者のジョン・ル・カレ
リアルに諜報部出身の作家なので、
加えてトーマス・アルフレッドソンの演出も
細部にこだわりまくっているので、
観ているうちに、今まだ冷戦続いてんじゃないかって
錯覚するくらいのめりこんでしまう。

セットとか衣裳とかもこだわってたなあ。
実動部隊のリッキー・タ―が助けを求めてくるときの
公衆電話のある街角の雰囲気とか
皮ジャケットとかパンタロンっぽいジーンズの裾とか、
あと、ピーター・ギラムのモミアゲの絶妙な長さ。

派手なアクションがない分、
一発の銃声にとびあがるほど驚くし
「粛正」の残忍さに震え上がる。
スパイたちはよほどのことがないと喜怒哀楽をみせません。
ただ、それぞれの「弱点」があまりにも「弱点」すぎて
そこを突かれると一瞬でよれよれになっちゃうところが(笑)
人間ってこういうものかもなあと思ったりしました。

最近、ゲイリー・オールドマンって
魚眼タイプのメガネかけてる役しか見てない気がするけど
今のナチュラルな姿ってどんな感じなんだろう。

あと、プリドー役のマーク・ストロングの目が
「意味深」で、とてつもなく色っぽかったです。