こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ろくでなし


リングルアイビーが効いたのか、
ちょっと元気になってきました。
それで、まりちゃんとあさこさんと、
池袋の東京芸術劇場
三谷さんの「ろくでなし啄木」を観にいってきました。


吹石一恵ちゃんのピュアさがすごい。
藤原竜也くんのすぐ寝転がっちゃう藤原節がすごい。
そして、勘太郎ちゃんのすべてがすごい。


「藪の中」みたいに、
3人それぞれの言い分がすこしずつずれていて
くっきりとは重ならない。
目の前でおきているおもしろいやりとりに笑っていると
急にぴしゃりと叱りつけてくる、
それが三谷作品の怖さなのですが、
だけどやっぱり最後には暗闇よりも日の光のほうを選んでくれる、
それが三谷作品の優しさでもあるのです。


終わってから、らーめん屋さんで新年会をしました。
いつもと同じように
「マニアックすぎてわかりづらいものまねシリーズ」で
盛り上がりました。
これまの私のレパートリーは


「男役現役時代の真矢みきと今の真矢みき」
カエサルを演じる松本幸四郎
「本名を人に教えるスカイ・マスターソン=内博貴
「メンバーの言動にツボる直前の北山宏光(顔真似)」


でしたが、
最新ネタとして挑戦した


「ごみの日がわからなくなる壇れいと仲間由紀江」
「標準語の台詞をいいながら目を細める横山裕


も、がんばればいけそうな気がしてきました。
今年も、マニアックなレパートリーを増やして
内輪で笑ってもらえるようにがんばりたいと思います。