こまりさんの、はらぺこ手帖。

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

タカラヅカ再会

かなりひさしぶりに宝塚を観にいきました。
雪組新トップ・コムちゃんこと朝海ひかるお披露目公演。
藤原保輔はじつは朱天童子だった、
という設定の和モノ『春麗の淡き光に』と、
ダンサー・コムちゃん魅力満載のショー『Joyful!!』。


いまだかつて、ピンクのスーツがこんなに似合うトップがいたでしょうか。
コムちゃんは、ちっちゃな顔に大きな目
(かたっぽ一重なのがまたいいのね)、
そして舞台上ではちょっと硬質な感じのする男役です。
イメージとしては…転校生がやってきて注目をあびるが、
カワイイ顔をニコリともさせず窓辺で本ばかり読んでいる。
だけどある日思いきって話しかけてみたら、
好きなテレビ番組は『8時だよ!全員集合』だった。
そんな感じの人ではないかと想像しています。
最近の宝塚は地殻変動が激しくてちょっと近づき難かったんだけど、
観てしまうと、やっぱりいいものですねー。
綺麗で明るくて華やかで、
そして隅から隅まで「…ありえねえ!」のオンパレード。
つきぬけてる!


夜は原宿クエストホールでドイツの女性パフォーマ−、
メレット・ベッカーさんのライブ。
俳優のイッセー尾形さんが海外旅公演のときに出会い、
東京へ呼んだアーティストの方だそうです。
ヨーロッパのパフォーマ−ときいてなんとなく
性別不明のキッチュな人を想像していたら、
いまだ少女にもみえるような美人さん。
不思議なキャットボイスで歌い語りながら、
いろんな楽器を演奏します。
スクリーンにはRPGのような映像。
ビョーク加藤登紀子デビッド・リンチブレヒトに通じるような
「キレイコワイ」の世界観なのですが、
前衛的な居心地の悪さはありません。
寂しいけどやけに安心できて、むしろα波が出るくらい。
アンコール、ちょっと涙ぐみながら、
『居酒屋』のような日本歌謡曲王道メロディーで、


♪サ〜ヨナ〜ラ東京、サヨナラ優シヒト〜


と歌う声を聴いたら、
たった今会ったばかりの人なのに別れが辛くなりました。
また日本にきてくれたらいいなと思います。