こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

テイクアウト

交差点で信号待ちしてるとき
隣に手つないだ親子連れがいて、
小柄できちんとした身なりの若いおかあさんと
5、6歳の男の子なんだけど
この男の子がもうこの世の終わりみたいに泣いてて、...
というか泣くを通り越して
ほとんど呼吸困難になってる。
 
よっぽど叱られたんだろうなあと思って
彼が猛烈なしゃっくりをはさみつつ
繰り返してる言葉に
耳をそばだててみたら、
 
「おもちかえりで、いいですから。
 おもちかえりで、いいですからぁ~」
 
(爆)
 
おそらくだけど、お菓子とか…
いや、マックだな。
家に帰ったらごはんなのに寄りたいとか言いはって
ダメが出たみたいなことかと推察。
 
周りの人たちの肩が震えているなか
おかあさんは至って冷静で、
 
「お持ち帰り「で」いい、っていう言い方は
 ないんじゃないでしょうか」
 
ブレのない指導に男の子も周囲も被弾。
そして彼はダメ押しの、
 
「お、おも、おもちかえりが、いいですからぁぁぁ~!」
 
こんなことでここまで絶望できるって
なんてシンプルなんだろう、とか、
こんなことで大泣きできた子供時代の幸せを
この子はいつか思い出すのかな、とか思ってたら
だんだん鼻がツンとしてきまして。
 
そもそもこどもが丁寧な言葉を使ってるのって
それだけで胸にくるものがあるんですよね。
なぜか、クレヨンしんちゃん映画の
シロのおケツに爆弾がついちゃうやつで
しんちゃんが繰り返す
 
「シロはオラがお守りするゾ」
 
を思い出してしまい、涙腺が決壊して
完全に不審者。

 

www.youtube.com