こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

なとり

 暑さ対策で風通しを重視し
トップス、ボトムスともに
わりとテローンとした服を着てみたら
取り合わせの雰囲気がなんとなく
名取裕子っぽいことに気づいたので、...
 
「こんな雨の夜ですもの。
 ワインを1本あけるくらいしか、
 やることなんてありゃしないわ」
 
とか
 
「ごめんなさい、私ったら自分のことばっかり。
 ほんとうに嫌になっちゃう」
 
とか
 
「そして消えてしまうの。
 たばこの煙みたいに。
 最初から、そこにいなかったみたいに…」
 
とか、
80年代くらいの裕子が言いそうな台詞を
脳内で練習しているところ。

f:id:komarius:20160831160728j:plain