こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

ひといき

東京国際映画祭が楽しくて、
あわあわしている間に月がかわり、
ようやく落ち着きました。

開催期間9日のうち
スクリーンに通えたのは7日で、
身損ねてしまった作品もたくさんあるけど、
ほんとに楽しかったです。

ウィ・アー・ザ・ベスト!(スウェーデン
ジンクス!(日本)
祈りの雨(インド=イギリス)
ルールを曲げろ(イラン)
バイロケーション(日本)
リゴル・モルティス(香港)
オー・ファーザー!(日本)
流れ犬パアト(イラン)
ザ・ダブル(イギリス)
ほとりの朔子(日本=アメリカ)
自分のことばかりで情けなくなるよ(日本)
ラブ・イズ・パーフェクト・クライム(フランス=スイス)
トム・アット・ザ・ファーム(カナダ=イギリス)
ドリンキング・バディーズ(アメリカ)

ウェブサイト「映画と。映画と。:「映画と。」は no film, no life なライター陣による作品レビューなど、映画を観ることの楽しさをお伝えするサイトです。eigato.com

の、クロスレビューがおもしろいので、
よかったらぜひ読んでください。
私も参加させていただきました。

1000円は決して安くないお金だけど、
映画につかった1000円は、きっと
観た人のなかでどんどん別のものに育って
いろんなものを生み出してくれるはずだから、
とても意味のある「投資」だと思っています。

映画っていいなと、あらためて思えた秋でした。