こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ミシマ

映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』を
観てきました。

中学のときに読み耽った「豊饒の海」を書いた人と
いわゆる三島事件の絵柄とが
何年たっても自分の中でうまくリンクしなかったのが、
この映画を観てようやくちょっと重なった気がします。
彼が日本という国の伝統と文化を愛し、
時代の流れを憂えていたのは確かで、
井浦新演じる三島が自分を慕う学生に向かって、

「美しいのはだね、君たちの純粋無垢な心だよ」

と言ったときの表情こそ
なんて美しいんだろうって思ったけど、
反面、あの聡い人に
自分が起こそうとしているクーデターの末路が
見えていなかったとは考えづらくって。
妻(寺島しのぶ)が言う「彼らしい人生の幕引き」というか、
散り場所を探してたどりついたのが
あの総監室だったんじゃないのかな、
とか思ったりもしました。

東大の学生と三島のディベート場面、
特に司会の学生役の人がリアルすぎ!て
自分がその場に野次馬してるような錯覚を覚えました。

そして、ラストでアップになる
ある人物の両手の「途方にくれてる感」が圧倒的。

三島があの手に残してあげたものは、
というか「残してしまったもの」は、
なんだったんだろうか。