読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

ブリテンから江戸へ

せっかく!
ようやく!
お休みをとったのに!




よりによって大嵐ってなんでよ(笑)!?===3




でも、負けずに動き回ったった1日。
最初は渋谷ユーロスペース
映画『第九軍団のワシ』を観ました。
D・サザーランドのアバウト感。
アザラシ族の体力ハンパない。
元老院のおっちゃんの二度見。
マーカスとエスカの身長差萌え。
そして、とにかくジェイミー・ベル
敵味方、どちらもただ懸命に前に進む物語でした。




つづいて浅草へ。
もう、傘がとびそうです(笑)。
ああ、晴れてさえいれば…。



でも、こんな天気だからこその土手貸切。
菜の花も咲いています。




たどりついた中村座。
突風に、小屋も大提灯も揺れてます。



夜までの長丁場。
どんどん風の音が強くなります。
幕間になったとたん、ついに小屋の扉が強風でバーン!
電車もどんどん止まっていく。



でも、元気な案内さんがまわってきて、
「この小屋飛びませんのでご安心を!」って
みんなを笑わせてくれました。



『小笠原騒動』全幕。
たっぷりだったー。
クライマックス、水車小屋でずぶぬれの
叔父と甥のたちまわりもおもしろくて、
ハッシー、雨降ってない場面なのに
「折の悪い大雨で」ってぶっこんできた(笑)。
幼子が命を捨てて親の改心の後押しの場面はとてつもなく泣けるし、
久しぶりに観る勘三郎さんにも感激したし、
役がわりてんこもりなご兄弟は
悪玉→善玉→悪玉に戻って終わるとこが贅沢ですね。
仁王立ちする勘太…勘九郎さんの足、
両の親指がピンとあがってて、役者の華!


それにしても、どうしても「勘太郎ちゃん」だ。
いつかフツーに「勘九郎さん」と呼べる日がくるのだろうか。


帰りは、まだ暴風で危ないからと、
いつもなら希望者のみのところ、
今日は全員を駅まで無料バスで送ってくれる松竹さん。
ビール出してくれたら何時間でも待つのに…と思いながら
おばあちゃまたちと一緒に、客席でボーッとしてました。
けど、乗ったら3分で浅草駅。
風はまだびゅーびゅーだったけど、もう星が出てた。


で、神谷バーはしまってた。
そりゃそうよね。