こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

素晴らしきダンサー

赤坂ACTシアターで「ロミオ&ジュリエット」の
ゲネプロを拝見しました。


とにかくもう、

小 池 修 一 郎 は す ご い 

…としか!


私は、宝塚版は拝見していないので
今回がほんとうの
初・プレスギュルヴィック版ロミジュリ体験だったのですが、
ああこれが噂の「エーメ」か…とか、
もう最初っからぷるぷるしっぱなしで(笑)。

キャストもいいし、
まだまだのびしろもあるし、
これからが楽しみでしかたない。

二村周作さんのセットも
あいかわらず品があって、でも遊び心もあって、
とても繊細に小池ワールドを支えていました。
霊廟の後ろの壁が、いびつな十字架の形に抜けてるのが
すごくいいんだよなあ…。


それにしても今日、
自分的にショーゲキの再会だったのは。


モンタギュー家サイド、
ロミオの友人たちを演じるダンサーのなかにいた
大野幸人さん!


かつて、某巨大アイドル事務所に属し、
卓越したダンス力を誇っていた幸人くん。
甘いものが好きすぎてちょっと太りやすいのが
たまにきずだったけど(笑)
当時からとてもきれいに踊る人だったから、
群舞のなかから彼のダンスのラインを追うのが
とても好きでした。

辞めてからもうどれくらいたつのかなあ。

ダンスを本格的にやりたいから、という理由でやめたと
噂にきいていたので、
きっといつかまた幸人くんのダンスが見られるだろうと信じて
ずっと楽しみにしていました。

で、このところ、
いろんな公演の出演者のなかに
ちらほら名前をお見かけするようになり、
そのたび、うわあと思っていたんだけど、
なぜかこの「ロミジュリ」に出るんだということを
ゲネの幕があくまですっかり忘れていて、
黒白軍団のなかに顔をみつけたとき、
ちょっとオイオイ!と自分にツッコミました。


久しぶりに見る幸人くんの踊りは、
今までどれだけまじめに踊ってきたかが
客席にもビシビシ伝わってくるくらい
バネがあって芯が通っていて、
だけどあの事務所で培ったニュアンスは抜けていなくて(笑)
それが、いい意味でとても「可愛らし」く、
とてもキャッチーなのです。

ああこんなに手が長かったかな、とか、
指の使い方とかスタンスが広いのは変わらないな、とか。

生き生きして、
いいポジションもたくさんもらって、
スキマを埋めるのがうまくて表情も豊かで
動作がちょっと外人っぽい。

同じ舞台の上の「かつての同僚クン」との
まさかの再共演も奇跡的。
わあ、いまふたりでパーンってタッチしたよ…とか
そんな静かな感動もありつつ。


またまた、観劇の楽しみが増えました。
立つ場所がどこだとしても、
舞台人は、現役でさえいてくれれば!



そういえば
↓このへんのプレゾンにはまだ出てたはず(笑)。

PLAYZONE2003 Vacation [DVD]

PLAYZONE2003 Vacation [DVD]