こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

なんですか〜!

ギタリスト、オカシンスケさんのライブにいきました。


オカさんとは会社のバンドで知り合いました。
今日のお客さまも会社クローズドだったので
見渡す限り、社員、社員、社員。
こじゃれた社食のようだった(笑)。


広尾「gigabar」
http://gigabar.jp/index.html


このお店は、普段は
お客さまが聴きたい曲をリクエストできて、
弾きたかったり歌いたかったりする人も参加できる
ライブバーなのだそうです。
ジャンルは洋楽オンリー。とくに70、80年代もの。
最初はお客さまとして訪れたオカさん、
毎夜通いつめるうちに、いつしかステージ側のひとに。


ステージの雰囲気はこんな感じです。


左のギターがオカさん。
あいかわらずシブかっこいい!
楽器の音には、弾いてるその人のパーツみたいなものが
ぜんぶ入ってる気がするんだけども、
オカさんの音は「ワイルド」で「まじめ」、
あと「優しい」感じなんかなー。


写真中央は、熱唱してひざまずくボーカルさん。
右に顔だけちょこっとベーシストさん。
ほんとは左に美人キーボーディストさんがいらっしゃいます。
みんなを撮った写真はブレブレで
エクトプラズムがとびまわってるみたいになっちゃって
お載せできませぬ。無念…。



これは、選曲演出のために
ステージの上でカップヌードルを完食するドラマーさん。



いい音楽。お酒とごはんもおいしく、
とまぴょん、たかはらさん、
同期のWベーシスト、ふくちゃんとこえちゃんと
5人テーブルでめっちゃ盛りあがりましたよ〜。
U2の「VERTIGO」で、ひさしぶりにこえちゃんの


なんですか〜!
どうですか〜!


の合いの手が聴けたんも嬉しかった(笑)。
バンドのみなさんともいろいろお話きけました。
音楽やってる人ってほんとおもろいなー。


しかし、楽しさゆえにちょっと飲みすぎました。
おーもりさんも加わって、もう1軒行きたいくらいの名残惜しさで
みなさんのタクシーをお見送りしたとこまでは覚えてるんだけど、
そっからどうやっておうちに帰ったか、あんまり覚えてない。


そして、帰り道では久しぶりに転んだ模様。
ひざすりむいとるし。痛いわあ。