こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

ちょんまげぷりん


大雨だったので、ちょっとはすいてるかなと思って
お仕事のあと、恵比寿ガーデンプレイスへ
映画「ちょんまげぷりん」を観にいきました。
監督:中村義洋。


江戸時代から現代へタイムスリップしてしまった
木島安兵衛(錦戸亮)。
シングルマザーのひろ子(ともさかりえ)の家に居候するうち、
息子の友也(鈴木福)のために挑戦したお菓子作りに
思わぬ才能を発揮、パティシェの道へ…!?


ファンタジーでありながら、
働くシングルマザーの微妙な立場や
無意識に持ってしまうジェンダー感覚とか、
ひやりとするようなテーマも描かれています。


でも、そもそもタイムスリップものは
結末が「別れ」だとわかっているから
はじめっからせつなさ全開なんだけども、
それでも、安兵衛にもひろ子にも友也にも
出会って、一緒にすごして、
またさよならしたからこそ生まれた思いや変化があって、
それがちいさな「お菓子」に託されて時を越えて繋がるラストは、
涙というより自然と顔がほころんでしまうような、
あったかい映画でした。


ジャージに落ち武者頭の亮ちゃん!
いざる動きがちょっとぎこちなく、
走るときに手が腰についてる(刀挿してないのに)のが
カワイイ安兵衛さん。


撮影中、子役の福ちゃんは
亮ちゃんのことを(亮ちゃんのオーダーで)
「ニシキド」と呼んでいたそうだ。


そういえば、クライマックスで、安兵衛さんが
道の真ん中で大立ち回りする相手の
チンピラのリーダーが、仲間から


しょうちゃん


と呼ばれた瞬間、客席(のエイターさんたち)から笑いが(笑)。



ちょんまげぷりん 【初回限定版】 [DVD]

ちょんまげぷりん 【初回限定版】 [DVD]

ちょんまげぷりん (小学館文庫)

ちょんまげぷりん (小学館文庫)