こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

おせちもいいけど


カレーもね。
…とも思うけども。


やっぱり、まずはおせちですな。
ものぐさして、家では作りません。
紀ノ国屋のお徳用おせち。
一辺15センチくらいの小さな二段お重に
いろいろ、ちょこちょこと入ってて楽しっす。


このお重でパワーをつけてから
(アルコールもちょっといれてから)
今年も元旦から働いてまいりました。


働くっていったって、
「室内」で「座って」な仕事なんて
寒空で夜を徹して力技のガテン系のみなさんに比べたら
てんで楽なわけですけども。


仕事おさめは大晦日。
仕事はじめは元旦。
幸せなことだと思うですよ。


以前、市村正親さんが


「役者やってて、休みがほしいとかいうヤツはおかしいよ。
 歌舞伎俳優でそんなこと言ってる人、どこにいる?」


と言ってました。
それから、少年隊の錦織一清さんは


「俺たちの仕事は、みんなが休んでるときに働いてこそでしょ。
 俺たち、23年間夏休みなんかなかったもん」


と言ってました。


役者さんでもアイドルでもありませんけど、
働けるって楽しいなあと最近とみに思います。
今年はもうちょっと報酬がついてくる方向でがんばりたい、とは思う。


…と、毎年思っている気もする。