こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ヤモさん


うちのマンションにはヤモリが住んでいる。


虫も爬虫類も両生類も苦手だが、
なぜかヤモリだけはわりと大丈夫である。
あまりにも目がつぶらなのと、
あまりにも形がおもしろいのと、
やっぱり「家を守ってくれる」という
ありがたい感じがインプリされているからだと思う。


以前、ニューカレドニアに旅行したとき、
夜明けにホテルの中庭に響き渡った


ケケケケケケケ!


ってどでかい鳴き声に仰天して、地元の人に
「C'est un ヤモリ」(フランス語:イメージ)
と教えてもらったときにはほんとにびっくりしたけど、
あれは、日本の白いちっこいヤモさんたちとはきっと
ぜんぜん違う姿をしているんじゃないかと想像。


ともあれ、うちに住んでるヤモさんたちとの距離感は、
ときどき廊下でみかけたり、
一度はリビングの天井にぽつんとはりついてて
みつけたらあっというまに消えたりとか、
いままではまあそんな感じだったのですが。


最近。


そのうちの1匹が、夜な夜な
私の部屋へ通ってきていることが発覚したのである。
ベッドサイドの、しかも「閉まったままの窓」のサッシの隙間から!


どんだけ薄いねん!
どんだけくねくねしてサッシのでこぼこ乗り越えてんねん!


10日前くらいだったか、カーテンの向こうに
めっちゃ「アニエスb.」的なシルエットが浮かびあがったので
わあこんな人のそばまでくるとは
ヤモリのくせに神経の太いヤツだと思って感心していたところ、
昨夜、たぶんそれと同じヒトがほぼ同じところに現れたため
よく見てやろうと思ってカーテンあけたら、


ま さ か の 窓  の 内 側 に い た ん で す 。


しばらくあっけにとられて観察してたけど
脅かして死んじゃってもいけないし、
結局そっとカーテンを閉めて、

そのまま寝ました(笑)。


朝起きたら、どっか消えてた。