こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

サトシ兄さん


紙媒体でもネットでも
もちろん飲みながらとか、
映画やお芝居についての
いろんな人のいろんな感想をきくのが
すごく好きです。


最近新しい衝撃を受けたのは
劇作家・演出家界の鳥居みゆき
…とは別にいわれていないでしょうけども
それくらい美人でキッチュな
本谷有希子さんによる
アカデミー賞下馬評みたいなやつ。
日経エンタテイメントに載ってました。
非常に辛らつに作品を斬り、しかし笑わせ、
結局この人映画大好きなんだなあ、という。


バットマンの格好をしていないときの
 クリスチャン・ベールの存在感のなさ」


には、クリスには悪いけど
もう小一時間笑ってしまった。


日経エンタテイメントといえば
巻末のほうで連載している
次長課長井上聡の「炎上DVD」がまた秀逸なんである。
井上さんが映画のDVDを紹介する、
というだけの極めてシンプルな企画にもかかわらず、
その本文中で作品に触れる度合いが
毎回あまりにも不安定で、
心配で心配で読み飛ばせない。
今回なんか、98%が自分の高校受験の思い出
(しかもほぼハッタリ)が綴られたのち、
最後の3行で慌てて
「あ、今回の作品の『三国志』を紹介します」
みたいな。


…あかんやろサトシ(笑)。