こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

噛めば噛むほど

映画「ホームレス中学生」を観てきました。
朝の9時から錦糸町。


アパートのドアにクロスして貼られた
黄色い「差し押さえ」のテープ。
田村父(イッセー尾形)の「解散!」のひとことで始まった
田村少年の忘れ得ぬ夏休み。


お兄ちゃん(キンコン西野)とお姉ちゃん(池脇千鶴)がいい。
友達のヨシヤくんと家族がいい。
ヨシヤ父(宇崎竜童)のロケンロールな窓の拭き方…。
そして徹平ちゃんのたっぷりすぎるバスタイムは
サービスなんだろうか(笑)。
しかし、笑えるなかにあって
田村少年の心の動きは繊細だ。
だいぶしんどく、しみじみしたです。


吉本の企画CDにはいってる
麒麟の歌の歌詞に
「味の向こう側」という言葉がでてくるのですが、
映画のなかでは、
お兄ちゃんの提案で兄弟3人が
満腹中枢をだますためお米をずっと噛んでいたところ、
10分くらい噛み続けた段階で
突然味が戻ってくる瞬間を発見、
という場面で誕生していました。


しかし、
心身ともに成長期まっただなかの中学時代に
こんな体験を通ったうえで、
心身ともにあんなおおらかに育ったたむちん。


いいっすねえ。