こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

マサコツアーズ

11月に入りまして
またぐっと涼しくなったり
オバマさん決まったり。


このあいだ、
映画『イーグル・アイ』を観に行きました。
主演シャイア・ラブーフ
おもしろい顔してるなあ。飽きない。


うだつのあがらないダメ青年が
あれよあれよと
国家マターに巻き込まれていく、
というパターンの話で、
なかなかのアクションと
意外(でもないか)な首謀者の「金ピカ」ぶりが
マンガ的でおもろいです。


が、もっといいのは
人間ドラマ的な場面で、
大家のおばあちゃんとのやりとりで
主人公がみせる人懐っこさや、
双子の兄の葬式での大粒の涙
(帰りの電車でもまたふいに泣くんだよこれが…)。
あと、出来の悪い下の子に対して
決してかわいくないわけじゃないけど
どうしても苛ついて…という
お父さんの芝居もよかったなあ。


あと、いい味だしてたのが
日系の観光バス「MASAKOツアーズ」。
司令を受けて、主人公を無理やり
乗り込ませるときの
女性ガイド(マサコなのか?)の必死さ加減。
そして、乗り込んだシャイアと
満席に近い日本人観光客たちが
小さな声で恥ずかしそうに繰り返す
「こんにちわ」「コンニチワ〜」がかわいい。
この監督、日本に好意的なんかな。
ちと嬉しかったです。