こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

続・男前の基準

久方ぶりに美容院にいってきました。
あいかわらず苦手な場所なのですが、
しかし、週末からダンスの稽古も始まりますし、
なにごとも形から(笑)、と思い、
切って、久しぶりに色入れたりとか。


待ってるあいだに
いろいろと雑誌を読んでたら


「いま、目が離せない男の子たち!」


みたいなグラビアページがあって、
そこに載っている男の子たちのあまりの端麗さに
しばし絶句。
最近の男の子って妙に色気がありますよね。
もう山本裕典くんのDNA構造とかどーなってんの、
とため息をつきながらふと店内を見渡すと。


…ここの人たちも、
結構、雑誌の中の人たちと
レベル変わらないんじゃないの?


担当さんも、アシスタントの男の子たちも
結構な個性派美形で、
それがはさみやブラシやドライヤー片手に
やれ「ついに32インチのテレビを買って部屋が狭い!」だの
やれ「俺もつられてタカタのネットみたけどお金足りないです!」だの
やれ「東野圭吾がすごすぎて〜」だの
やれ「しみてないですか?」だの
一所懸命いってきてくれるのが、
なんか、かわいいっす(笑)。