こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

書けんの哉

木星人マイナスは来年から大殺界だから
はじめたいこともかたづけたいことも
今年のうちに手をつけておけ


と、細木先生にいわれた(市販の文庫本で)のが
頭のどっかにすりこまれて
テンパッてるのかもしれませんが。


かねてから念願だった
シナリオの学校に通いはじめました。



派遣先から歩いてすぐのとこにある
老舗のスクールで、
毎週水曜日の昼と夜、
どちらの時間に出席してもいいという
ファジーな感じがありがたいです。
今日は夜は雑誌の原稿を書かねばならぬので、
派遣先は早退させてもらって、
いま講義を受けてきました。


おもしろーい。


2マスあけるとかここは3マスとか、
ト書きといっても
戯曲(舞台台本)とシナリオ(映像脚本)では違うとか、
そのト書きを改行するということは
ショットを変えてほしいという意思表示なのだとか、
先生のお話がすごくおもしろい。


教室の後ろのほうにすわって
50人なにがしの後ろ姿を眺めながら
うわあ、このひとたちの頭の中に
未撮影の映像がやまと眠ってるんだ…と想像して
ひそかに興奮した
秋の午後でございました。