こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

さいきんのこと、つれづれ

●ともだちの結婚式の帰りに
引き出物と携帯と貴重品一式が入った紙袋を
地下鉄の座席に置き忘れる。
しかし翌朝みつかり、
中央林間駅までお迎えに…。


●せっかく帰ってきたその携帯が
水没事故でお亡くなりに。
なにかと物要りなこの時期、
お手ごろな機種に変更するつもりが
家電オタク、チュートリアル徳井の洗脳により
つい、アマダナデザインに。


●続いてパソコンが入院。
なんなんもう…。
しかしアップルショップの担当、マイクさんは
プリズンブレイク似。ちょっと上昇。


●池袋の韓国料理屋で
店のおばちゃんが大喧嘩。
怖かった。でもふたりで2500円。


●老けたってインディ。
ハリソン・フォード最高!
そうそう、蛇だめだったよねキミ…それだけで泣ける。


●清原、最後の夏。
そして少年隊ミュージカル、23年の歴史に幕。
きっちり見届けて、次いってみよう。



昨夏から続いていた煩雑なお家騒動が
ようやく片付く兆しをみせ、
やれやれ、やっと夏本番だよ、すっとこどっこい。


ビール、舞台、ビール、映画、ビール、お笑い、
あとビール。


そんな、三十路最後の1週間。



大喧嘩のあった韓国料理店は、ここ。