こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

エェ〜

宝塚を見てきました。


朝海ひかるさんが退団してからは
みずから行くこともなくなって
ずいぶんご無沙汰していましたが、
久しぶりにあの独特の空間に足を踏み入れると
やっぱり楽しいっすね。


とうこちゃんこと安蘭けい遠野あすか
芸達者コンビが率いる星組さん。
オープニングのアナウンスから、


「エ〜ヌティーティー東日本、
 エ〜ヌティーティー西日本、
 エェ〜ルアルコン…」


…エの発音がイカシてるよ、とうこちゃん(笑)。



その1幕目のお芝居
『エルアルコン―鷹―』ですが、
あれですよ、青池保子の漫画が原作。
青池保子、我々が中学から高校くらいのとき
流行ってたなあ。
エロイカより愛をこめて』とか
夢中で読んでる子たち、いたな。
私は漫画派閥が違ったため
読んではいなかったんだけど、
なんかスケールが大きくてゴージャスな感じがしたのと
キャラがみんなココリコ田中的に顔が長かったのが
印象に残っています。
宝塚の生徒さんたちに
そんな面長はそうそういないわけだが、
みんな漫画以上にきれいです。


さすが宝塚。


売店では、海を舞台に活躍する登場人物たちにちなんで
グラン・メールって名前のババロア売ってました。


さすが宝塚。


ところで青池時代、
私なに読んでたんだっけな。


…『パタリロ』だったかな?