こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

仕事が終わったあと、

宅急便を出しに渋谷方面まで出向き、
帰ろうかと246を歩いていたら
おおまりにばったり遭遇。


大「え、どうなさったんですか」
小「宅急便を出しにまいりまして。どうなさったんですか」
大「帰ろうかなみたいな感じなんですよ、ええ」
小「ああそうですか。あの、お急ぎな感じでいらっしゃいますか」
大「いえぜんぜん急いでないんですよ。
  そこのクアアイナで1杯くらいの気持ちで」
小「ああ、そこのクアアイナで…」


実は、宅急便の送り状を整理するのに
たったいままでその「そこのクアアイナ」にいた私。
注文したのはビール(S)だったのですが、
あまりにも泡がちで軽かったカップ。
非常にためらいましたが、
ビール党かつクアアイナ愛好者として黙っていてはいかんと思い
フロア担当の方に


「あのすみません、たいへん申し訳ないんですけど
 ちょっとこれ泡が多すぎな気がしないでもないんですけれども…」


と申しでたところ、
ものすごく快く入れ直してくれたのです。


小「そんなわけで非常に戻りづらいんだけど、クアアイナで飲むんですか?」
大「飲むんですよクアアイナで」
小「クアアイナがいいんですか」
大「クアアイナがいいんですよ」
小「…」


おおまりと一緒にクアアイナに戻り、
さすがに恥ずかしいので奥の席に座って
おおまりにビールを買ってきてもらいました。
そして熱く語ること小1時間…


楽しす(笑)。