こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ピーコック

写真をご覧になれる方は
金髪の彼の右手にご注目ください。


孔雀がいます。


先週、友だちが試写に誘ってくれて
12月下旬公開の
俺たちフィギュアスケーター』を
うっかり見てしまいました。
おかげで、ミキティや高橋くんがどんなに頑張っていても
フラッシュ・ゴードンのテーマが聞こえてきて笑ってしまい
ぜんぜん「頑張れ!日本」できません。


だいたい、ウィル・フェレル(ごついほう)がスケートはいて
飛んだり回ったりするんですよ。
この時点で既に観客の負けですから。
金髪くんのジョン・ヘダー
ハンサムなのかそうでないのかわからない感じに
不思議と癒されます。
エドワード・ノートンを頭悪くしたような感じです。
いや、彼も頭いいのかもしれません。すいません。

相反するキャラクターが災いし
大会の表彰式で乱闘騒ぎ、
スケート界から追放された
ふたりのフィギュアスケーター
しかし3年後、追放ジャンル以外なら参加できることに気づいて
前人未踏の「男子ペア」に挑戦することに…。
これほんとに可能なんだろうか(笑)。
フィギュア好きな人の逆鱗に触れそうな作品ですが、
心底笑いたい方はぜひ。


私は多分、もう一回見ます。