こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ドラクル

1年ぶりの健康診断。
へなちょこ検査着、Hanako山積み書棚、
巨大シェルター風の聴音ブース懐かしい!


銀座の病院の待ち合いはメタボな男性たちでいっぱいです。


「○○さん、次、バリウムですのでこちらへ」


と呼ばれると、なんかみんな観念して
とぼとぼついていくのがちょっとかわいい。
バリウムってやっぱりつらいんですかね。
昔よりは飲みやすくなったときくけども。


かくいう私も


「こまりさん、次、採血ですので」


には、もうとぼとぼもいいところです。
あーあーあー。
刺すとき、まったく違うことを考えようと思って
あらぬ方向をみていたら、
今回もまた、あきらかにひとまわり以上若い看護師さんに


「大丈夫かな?」

ときかれてしまった…。
でも看護師さんに子供あつかいされるのは 妙に嬉しい(笑)。
なぜだろう。

結果はおよそひと月後。
でもなあ、アルコールを控えねばならない昨日の夜は
ひさしぶりにバイト先のみんなと神田で会って
嬉しくて、むしろいつもより飲んじゃったんだよね。
しかも家に帰ったら、エド・ハリスの魅力に負けて
3時間半もある『エンパイア・フォールズ』を
夜明けまで見ちゃったんだよね。
ひっかかるかしら。