こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

福袋

先週の金曜日はバイトのラストデーで、
終電ぎりぎりまで神田の居酒屋さんで飲んでいただきました。
一週間がたちましたが、
なんかいまだに辞めた気がしないのです。


年齢ばかりいってる生意気で無法者のバイトだったのに、
みんな優しくしてくれたよなあ。
うん。まだまだ続けたかったな。
ちっ。


翌朝起きてあらためて驚いたのだが
みなさんからいただいた記念品は、ほとんど福袋状態でした。
泣き笑いのラインナップをご紹介いたします。


まずは素敵なお花とストール。


続きまして
各ブランドご担当者のよりすぐり、
お勧め商品やインセンティブの数々(バイト先は某食品会社なのです)。
やけに重いと思ったらジャムが2個。
タオル三昧はリアルタイムな人気アイテムから
印刷の問題からお蔵入りした幻のお品まで。
関係者垂涎でございます。


お次は、給湯室の香り漂う品々。
人気のえびせんべい「ゆかり」は、たしか
出張の人からのおみやげコーナーでみた。
青いチョコはフランス製だが、かなり前にみかけたような気がする。
そしてなぜのカフェオレ。
やたら楽しかったおやつタイムを思い出させてくれますね。


わざわざ営業先からかけつけてくださった
上司にいただいた寿司の折り詰め。
居酒屋で箸置きの代わりにおいてあった南京豆。


だんだんディープになってまいりました。


まっちゃんが焼いてくれたパン。

5年前にバイトを始めた頃、
青山の小さなビルの事務所で狭いスペースに3つ机を並べてた
まっちゃん、Rikacoっち、私。
キテレツなキャラで
いつも私たちの度肝を抜いてくれてたまっちゃんはその後退職しましたが、
ななんと彼女が飲み会の会場まで
パンを持って顔をみせにきてくれたのです。
感激。


開口一番「っていうか私がギフトだから〜」
あとでくれたメールには「いま渋谷でビワとってるから〜」。
ぜんぜん変わってない。すごい(笑)。
ありがとまっちゃん。
そしてRikacoっち(とオカブー←役員)。


えーいよいよ混迷を極めてまいりましたグッズの数々。
机の上に転がっていた系です。
ドコモダケ。りんご。竜馬ライター。
微妙に嬉しい、しかし役にたてづらい品々。
っていうか…


このきりん、怖いんですけど!



こんな職場が大好きでした。
みなさん、ほんとうにありがとうございました。


追伸:これからもよろしくお願いいたします!