こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

マリ姐さん

いま、おおまりと
うどんを食べてきました。 大人な店がひしめき合う
新宿は歌舞伎町のまっただなか、
地下に降りていくと、
そこだけシックな『つるとんたん』。
夏木マリさんのプロデュースするお店です。


壁を彩るメデューサのようなイラスト(写真)は
マリさんご自身がモチーフでありましょうか。
うどんは想像を絶する大きさの器で サーブされます。
コシコシでゆずが効いてて もうたいへんな美味。


うどんのおともには
3回まわしのライブタイムがあって
今晩はおおまりの仲間が演奏するというので
それを聴くのも目的のひとつでした。
うんうん、軽快な音だ。


しかしそのライブタイムの直前には 前方にスクリーンが降りてきて、
マリさんの新曲「リンダリンダ」 (ブルーハーツのあの曲をカバー)の
プロモーションビデオが流れる鮮烈さは
これまたなによりのごちそうでありました。
しかもその映像の中で、さえないサラリーマン役を熱演する
川平慈英の濃さ…。