こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

モち

残業のあと、湿気ばらいに
Rikacoちゃん、あもちゃんとごはんを食べにいきました。
まず珈琲館にて私たちの間だけで話題沸騰中の
カフェ・シンフォニー。
なぜか先にこのデザートをすごいいきおいでいただいたのち、
あらためてごはんを食べにてくてく歩いて台湾屋台へ移動です。


もチ。そして、から安げ。
手書きメニューが笑えます。


かつて、新宿のゴールデン街のはずれに
なぞのタイ料理屋がありました。
くだんのくだらな飲みの顔ぶれで
わざわざお茶の水から電車に乗ってよくでかけたもので、
厨房ではタイのテレビ番組が大音量で流れ、
タピオカのあとにさらにまたタピオカを出してくれたり、
シンハービールを注文したら


「あなたたちが全部飲んだからもうない」


といわれたなど、微妙な思い出にあふれたお店です。


なぜわざわざ通っていたかというと、
美味しかったからというより、むしろ
メニューのあやしい日本語に惹かれていたところがあります。
なかでもずばぬけていたのは


「はるさめと」


…あ、あとなにが入ってんの!?
このインパクトの強さから、みなこの店を
「はるさめと、の店」と呼んでいたため、
誰もほんとうの店名を覚えていない。


いつのまにかつぶれちゃったんだよなあ、あの店。
お店の人はみんなタイに帰ったのかのう。