こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

やはりコメ

池袋の芸術劇場となりの喫茶店で
打ち合わせ一件。
このあとの用事に向かう前に腹ごしらえと思い、
劇場地上階の右奥にある
手造りおにぎりの店「吾ん田」で
おにぎりをふたつ買いました。
手前が明太子、奥が岩のり。
ん〜こりゃいいねえ。
やっぱり米だねえ。おにぎりだねえ。
片手にあまるどっしりしたサイズで、
握りたてのほかほか。
具材もてっぺんに乗っているだけでなく
下のほうまでぎっしりです。
そばのチケットブースのモニターでは
『ジキル&ハイド』の映像を流していて、鹿賀さんが
♪とき〜がきたぁ〜いまこそ〜、と絶唱中。
ジャパニーズ・スローフードとのギャップが
また絶妙です。

おにぎりといえば映画『かもめ食堂
こんどWOWOWでやるんだったっけ。
早くみたいのう。