こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

長州ファイブ!

六本木シネマアートへ。
映画『長州ファイブ』じゃ!


攘夷の嵐吹き荒れる幕末の横浜から
5人の若者がロンドンへと旅立ちます。
煙を吐く汽車、巨大な石造りの建物、奇異な風習。
「英国」を目の当たりにした彼らは、
世界を知らずして異国排斥を歌っていた
祖国の実態を思い知ることになります。


パブで長州と薩摩の留学生が大喧嘩。
ポリスの笛を聞いて散り散りに逃げ出した路地裏で
山尾庸三(松田龍平)は語ります。


自分たちもはじめは
藩のためを思ってここを目指した、
でも本当に考えなければならないのは
日本という国のことなのだ、と。


グラスゴーで造船を学び、
「生きた機械」となって技術を持ち帰りたい庸三。
しかし、気持ちだけではグラスゴーまで行くこともできない…。
それを察した薩摩の学生たち、
先頭きって喧嘩をふっかけてきた若者までが
ポケットからくしゃくしゃのお札をだして
次々と庸三の手に握らせる。


これはお前にやるんじゃない、貸すんだ。
また日本で会おう!


印象に残った場面のひとつです。


知らないものを畏怖すること、
学ぶということ、
変わらない人の優しさ、
でも、決して交われないものもある。
志ってなんだろう。


見終わったばかりで、胸が騒いどります。


長州ファイブ [DVD]

長州ファイブ [DVD]