こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

カタワレ探し

新宿のライブスペース「FACE」で
ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を観ました。
キッチュな扮装に身を包んで
愛を叫ぶヘドウィグを演じるのは
山本耕史さん。


アングリーインチ(怒りの1インチ)とは
彼女の率いるバンドの名前であり、かつ
彼女がベルリンの壁の東側に住む青年ハンセルだった頃
米兵と「結婚」してアメリカへ渡るために
手術を受けたがこれがとんだ闇医者、
結果、体に残ってしまった「1インチ」のことでもあります。


耕史ヘドウィグは、ひとことでいうと
温かいヘドウィグでした。
この人、たぶん頭じゃなくて体で芝居する人なんだな。
あと、ちょっぴり面倒くさがりで、そして
ものすごいお人好しかもしれない。


3年前に日本初ヘドウィグを演じた三上博史さんの
哲学的で繊細でアーティスティックなヘドウィグもとても好きだったけど、
マッチョでコミカルで甘ったれで
母性愛にあふれた耕史ヘドウィグも
まちがいなくヘドウィグでした。


なにがすごいって、
全くアプローチの違うふたりのヘドウィグの帰着点が
寸分たがわぬ同じ「寂しさ」であったこと。


役者の力、プラスこの作品の力を感じたのでありました。


カタワレ探し。
自分のかけらを探すということ。
怖がってはいけませんね。
ヘドウィグを見習いたい。


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]