こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

本音っていうか

なんか、ただ楽しい「本音会」。
久しぶりに参加してきました。


映画アナリストのまつかわゆまさんが


映画ライターになりたいならこういうことも知らないと


という大切なポイントを教えてくださる講座がありまして。
3年か4年ほど前に
その講座に通っていたことがあるんです。

きっかけは、
東銀座の地下にある、
地下鉄が通るたびにごとごと揺れる某映画館に
『グラディエーター』を観にいったところ、
講座のチラシが置いてあったのです。
そのチラシが、
すこしでも映画や芝居のそばで過ごしたかった
当時の私にビビーッときたわけです。
ホアキン・フェニックスのべそかき顔とともに。


その講座の卒業生やおともだち、そしてゆまさんが
月に1回集まってお酒を飲むのが「本音会」。
本音といっても、激しく議論を戦わせることが目的ではなく
映画の話をしたり、映画じゃない話をしたり、
ときには人生や世界のことを考えたり。
そういう楽しい飲み会です。


私が本を書かせていただくきっかけになったのも
この「本音会」でのご縁でした。


偶然に偶然が重なるって
ほんとうに不思議だと思います。


映画ライターになる方法

映画ライターになる方法

シネマでごちそうさま―恋と仕事と、女たち (SCREEN新書)

シネマでごちそうさま―恋と仕事と、女たち (SCREEN新書)