こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

王様のお菓子

ともだちのこんまりの家で新年会。
みんなで餃子やスープを作ったり、
ジグソーパズルをやったり、
とても楽しかったです。
ジグソーパズルは久しぶりに見ましたが、
いやーぜんぜんわからないわ。
オーケストラの絵柄だったのですが、
総出でとりかかっても
パイプオルガンの部分しかあがらなかった…。

最後に食べたガレット・デ・ロワ
王様のお菓子、という意味の
フランスのアーモンドパイです。
キリスト教の祝日である1月6日の公現節
(東方の三博士がキリストの誕生を祝うために
駆けつけたとされる日)
にいただく伝統菓子で、見た目は普通のパイですが
「フェーブ」という小さな陶器のマスコットが
焼きこまれています。
日本では、食品衛生法だとか
間違って噛んで歯を折るおそれがあるだとか
いろいろ事情があって難しいので、
かわりにアーモンドの粒が入っていることが多いです。
食べ方、というか遊び方は、こう。

1)まず、ガレットを人数よりひとつ多いカットに切り分けます。
2)いちばん年下の人がテーブルの下にもぐります。
3)ほかの人が「このカットはだれの?」ときき、
  テーブルの下の人がそれを見ないで「○○さんの」と答えながら
  カットをみんなに分けます。
4)ガレットを食べます。
5)カットの中からフェーブ(アーモンド)の出てきた人が当たり。
  紙製の王冠をかぶせてもらい、
  その日いちにち王様(王女様)に。
  その年の幸運も約束されます。

ひとつ多く切り分けて残った1カットは、
昔は「貧しい人に」とさしあげたそうです。
暖かいところで美味しいものを食べられる幸せを感謝しながら
最後にみんなでいただく、というのもいいかも。


ちなみに、この日食べたガレットは、
お店の人が忘れてしまったらしく
残念ながらアーモンドが入っていなかった(笑)のですが、
まあ、誰かが当たりということでなく
みんなに幸せがありますように、ということで。