こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

あけまして

おめでとうございます。
ことしもどうぞよろしくお願い申しあげます。

うちのお正月は、お雑煮のかわりにだいこんのスープです。
おもちとだいこんと貝柱。
だいこんは三浦だいこん限定。
たいへん暖まります。
まあ、お正月じゃなくても作ってるので
それほどの特別感はないんだけども(笑)。

お雑煮は、その土地やおうちでそれぞれ
独特なものがあるんですよね。
以前、お正月旅行で京都に行き、
ホテルで白味噌仕立てのお雑煮を出してくれたのですが、
あれは忘れられない美味しさです。
行儀が悪いとは思いながら、
我慢できずにおかわりをお願いしてホテルの人に笑われた…
笑いながらおもち増量でおかわりくれました。
いい人だったなあ、リーガロイヤルのホテルマンさん。

さて昨晩は、大掃除しつつ年賀状刷りつつ、紅白歌合戦。
うちは一家そろってたいへんな紅白ファンで、
世間でどういわれようとも大晦日は紅白。
超前のめりで観戦します。
しかもビデオにとって、好きだったところは元旦にもう1回観る。
今年印象に残ったのは、
スガシカオ「Progress」
(紅白に出てくれてありがとう兄さん)、
美川憲一「さそり座のおんな」
(美川さんもだが巨大衣裳を操るダンサーたちと真島さんがすごかった)
森昌子「バラ色の未来」
(生まれ変わってもまた「あなた」に恋をするかもなのか…人生だなあ)
WaT「5センチ。」
(だめだ、かわいい…)
TOKIO「宙船」
(長瀬氏、神がかり的な絶唱)、
ポルノグラフィティー「ハネウマライダー
(かっちょいいねえ)、
DJ OZMA
(ボディスーツはたしかにリアル過ぎたけど、あそこまで騒ぐことなのか…)
アンジェラ・アキ「ふるさと」
(晴れ舞台でもTシャツにGパン、あっぱれ)
徳永英明「壊れかけのRadio」
(いろんなことを乗り越えてますます深くなった歌声)
秋川雅史千の風になって」
(あんなにいい声なのに、それに自分で酔わずに言葉を大事にできるってすごい)
コブクロ「風」
(歌いあげましたなあ)
北島三郎「まつり」
(ブラボー、オヤジ!)。

司会は、紅組=仲間由紀恵、白組=中居正広。
千代ちゃんがいまだ抜けない仲間さんの
すっとんきょうな声は耳に心地よく。
そして白組の彼、どうしても苦手な声なんですが
やっぱり、なんか、上手ですね。
ちょっと感心してしまった。
ちょっと悔しい…。

審査員席的には、うっちーの和装にしびれたのと
進行に素直に従うリリーさんが新鮮だったです。
結果は、白組勝利。また来年ね。

その後、なんとなくチャンネルをまわして
ジャニーズのカウントダウン。
もう若いグループは誰が誰だかわからんなあ、と思いつつ、
どのグループも妙に味があってつい見ちゃう。
ジャニーズおそるべし。
それと、マッチはともかくとして
まさか少年隊まで「揃って」出てくるとは思いませんでした。
新年初びっくり。
「想」はいい曲ですね。
もっとたくさん披露する場があったらいいのに、もったいない。