こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

まわってまわってまわってまわる

朝、洗濯機をまわしていたら「なんだこらー」という叫びが聞こえたのでいってみたところ。
なんかものすごい紙くずたちがぐるぐるぐるぐるまわっているんですけど。
そういえば、昨日の夜洗面台に雑誌が置いてあってじゃまくさかったので、ふたがあいたままの洗濯機のふちにのけといたのは…私です。
なんかの拍子に水槽のなかに落下したと思われる。みんなそれに気づかずに上から洗濯物をどんどん入れてったと思われる。そしてスイッチを入れたら、こうなったんですね。
すいません。

そこから小一時間かけて3人がかりで汲みだしとゆすぎと掃除ざんまい。なんのために買っておいたのかよくわからない、キッチンの引き出しから出てきたネットとかが役にたちましたが。いや、ほんとすいません。

そんなこんなでへとへとになりつつ『パイレーツ・オブ・カリビアン デッド・マンズ・チェスト』へ。
海です。すごい波。朝からひきつづき水難でございます。
しかしこれ、既にドリフですね。砂浜の3バカ大乱闘とか、水車の上で大活劇とか、フルーツ串(船長つき)とか、笑ったなあ。オーランド・ブルームはなんだかたくましくなりました。個人的には、やや負けぎみの善悪ニュートラルなノリントンがタイプです。そして最後の最後に男気みせたキャプテン・ジャック・スパロウジョニー・デップ!涙、涙、涙。そしてラスト…なんだ続くのか(笑)!てっきりこれで完結するんだと勝手に思いこんで観てました。三部作って定番になったのかしら。でも続いてくれて嬉しい。
ただ、もうこの話にヒロインはいらない気がしたんですけど。
キーラ・ナイトレイは好きだけど、あのね、活劇もののヒーローとかヒロインっていうのは、どんな状況にあっても好きな人への気持ちだけは変わらない、というスタンスを貫いてほしいわけね。恋人が遠くで命を賭けて戦っているのに、そばにいる人にふと心が揺らいで…みたいなテレビドラマ的な恋愛描写はほかでやってくれい!
以前、クラーク・ケントがロイスから幼馴染みに心変わりした時点でスーパーマンシリーズはもう一生観ないぞと心に誓った私ですが、いま予告編やってる『スーパーマン リターンズ』の主役のブランドン・ラウス、なんともいえずクリストファー・リーブに似てますよね。しかも、ロイス再登場らしい。

やっぱり、観てみたほうがいいですかねえ。