こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

徳永さん、徳永さん、フッフッフ〜

高松のラジオ時代に選曲のために集めていたナンバーを、それなりにMDに落としてとってあるんですね。勢いにまかせてかたっぱしから集めていたものなので、なんかもう無節操にありとあらゆるジャンルの曲が入ってます。いま聴くとまた笑える。1本、MDプレイヤーに放り込んで家を出たら、テーマが「ラジオ」の回のときのものでした。
クイーンの「レディオ・ガ・ガ」だとか、カーペンターズの「イエスタデイ・ワンスモア」だとかいうオーソドックスなものから、林田健司の「青いイナズマ」(アルバムバージョンのイントロがラジオっぽいというだけの理由で)とか、ラジオ体操第一第二まで入ってる。アルフィーの「吉田拓郎メドレー」とか。オ〜グレートフォ〜クシンガ〜。わけがわかりません。でも我々的には、スーパープレミアもののセレクトなんだよねえ、おおまり。
徳永秀明の「壊れかけのラジオ」。いいよねえ徳永さん。最近復活して、また活動してるんだよね。このあいだ「チューボーですよ」に出ているのをみかけたけど、エプロンしててかわいかったです。そしてあのなんともいえない周波数のハスキーボイスで天然発言を連発するので、隣でまちゃあきがくずおれていた。

ちなみに「壊れかけのラジオ」は、気を抜いて歌ってると、途中から「大阪で生まれた女」になっちゃうんだよね。
あと、中村雅俊というか小椋佳の「俺たちの旅」も、これも気を抜いて歌ってると、途中から「失恋レストラン」になっちゃうんだけどね。