こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ダ・ヴィンチ・コード

観ました、『ダ・ヴィンチ・コード』。
4Kなんとかっていう綺麗な画面仕様で。暗号の読み解きイメージが『ビューティフルマインド』のように美しいなあと思ったら、そうか同じ監督なんだった。結局、小説は読まずに乗り込みましたが、結論まで知ってた父も楽しめたそうです。ダイジェスト映像化、動く挿し絵みたいな感じで。オドレイはちょっと渋くて、なかなか説得力のあるルックスになっていました。トム・ハンクスのおでこはあいかわらず吸引力があるな。そしてやっぱりポール・ベタニー。むーん。哀しい。

予告編のあいだざわざしてた映画館が、本編がはじまったとたん水を打ったように静かになったのがなんか一体感。しかし、隣のカップルはなんであんなにたくさんのお弁当を買い込んでずっと食べていたのだろう。しかもそのうちのひとつはつゆものの麺。よっぽどおなかがすいていたんだな。しかしお箸使わないと食べられないものは、上映中はちょっと…。