こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ミスターミニット

季節柄、靴の修繕屋さんが激混みだそうです。そろそろブーツをしまわなくちゃとか、春物だしてみたらかかとが剥けたままじゃないのとか、パンプスを履きはじめたばかりの新卒が慣れなくてヒールがもげたりとか、そういうことが重なるからでしょうか。

渋谷駅の、銀座線の一番前よりの改札からほど近いところに、ミスターミニットがあります。ちょっと狭いスペースに、腕のいい職人さんが人口過密状態。私は足癖が悪くてすぐにかかとを剥いてしまうので、よくお世話になっています。今日はショートブーツを持っていって、つま先がぱっくり割れたところを貼ってもらって、こすれて白くなったところを黒く磨いてもらいました。お代は、ときいたら「今回はサービスです。そのかわり、これからもご贔屓にお願いします」。
粋だねえ!