こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

ゆく年くる年

新年でございます。ちょっとお天気はすっきりしないけど、お正月の空気ですね。などとまったりできる暮らしを感謝しつつ。夕べは毎年のごとく『紅白歌合戦』に家族揃って全力投球。今年も盛りだくさんだったなあ。モー娘。は時間さかのぼってみんないるし、WaTのマイクはぶっとんで余計カワイイし、ユーミンの隣の美声韓国歌手の人はものすごいカメラ目線だし、中島美嘉ちゃんは前のめりすぎておじいさんみたいだし、三宅弘城さんがドラムたたいてるし、サブちゃんは吹雪で見えないし。意外だったのは、みのさんの司会が吉と出てとても頼りがいがあったこと。仲間由紀恵ちゃんもその美貌をもってたいへんよく働きました。それにくらべ、七五三のようないでたちで常にぼへーっとしていたうえ「前川清に向かって山川豊」をかました山本耕史さんは、ぼへーっとしたまま優勝旗を手にしました。それでこそ山本耕史、男前。しかし明けて1日、地上波にさきがけてハイビジョンで放送された『土方歳三最後の一日』での彼は熱かった。副長!五稜郭!試衛館!2006年、のっけからまた『新選組!』モードに巻き戻ってしまったわけだが…。

そんなわけで、あいかわらずのふつつかものではございますが、本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。