こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

義経最終回

NHK大河ドラマ『義経』最終回。うーん。頑張って生きたんだね、義経。死に戦に出る彼と仲間たちの様子を見ていたら、仕えるならこういう主君に仕えたいなあとしみじみ思いました。昨年の『新選組!』で力を使い果たしてしまったため、ほんの数回しか観ることのできなかった『義経』だったけど、観るたびにタッキーは義経らしくなっていくし、腰の低い殿(マツケン)への抵抗もなくなっていくし、白石さんはじめ次から次へと魑魅魍魎キャラが登場するのにも慣れていくし、あらためて自分の平家贔屓を再確認させてもらったし、なんかひとつひとつが丁寧な作品だったなあと思いました。お疲れさま、みなさん。しかし上戸彩ちゃんと石原さとみちゃんは、最終的に双子のように似た顔に落ち着きましたね。あと、北村有起哉さんが演ってたおかっぱ頭の五足が懐かしい。平家と義経のあいだで揺れて、結局殺されちゃったんだよね。せつない人生だのう。というか、北村有起哉という役者は、なんでこういちいち気になるんでしょうか。必要以上に手足が長すぎるからですか。それともやけに目が黒いからですか。