こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

三社祭

年末の歌舞伎座。去年の今頃はまだ勘三郎さんは勘九郎さんだったんだなあ、と思うとなんとなく早いものです。十二月大歌舞伎、残念ながら所用で朝いちは間に合わず(はっしーごめん)、勘太郎+七之助の踊り2本立てからすべりこみ。『猩々』での抑えた動きと、『三社祭』の激しいアクロバットが対照的で楽しかったです。以前勘太郎ちゃんが、兄弟でクラブに遊びに行ったとき、突然思い立ってふたりで『三社祭』を踊りだしたら輪ができて気持ちよかった、という話をしていたことがあります。そりゃあれをやったら輪ができるだろう…(笑)。ちなみに、ふたりのお父さまも若いころ、幼馴染の八十助(現・三津五郎)さんとディスコに行って、同じことをやったそうです。DNA!