こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

揺れました

夕方、父と裏道を歩いていたら、突然ななめ前の家のサッシがクレッシェンドするような勢いでガタガタガタッと揺れたのです。もしや突風が吹くのか?と思って振り返ろうとしたら、その揺れが周囲の窓や電柱や電線にどんどん広がっていって、地面がゆらゆらゆら…。ちょうどすれ違った自転車の女性と「これって…揺れてます?」「ますよね!」。震源地は茨城あたり、東京は震度4。歩いてても地震に気づいたのって初めてかもしれません。なんか、世界中が揺れています。ちなみに母は黒柳徹子さんのお芝居を観ていたまっ最中。舞台上の黒柳さんは両手を広げて「あら?」という感じで揺れをやり過ごし、すぐもとのお芝居に戻っていったので、会場に動揺はなかったそうです。舞台のあとのトークで黒柳さんいわく「ほんとうはなにかおもしろいアドリブを言いたかったのだけど、シリアスなシーンに突入する寸前だったので我慢したの」(笑)。