こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

先生、アロハ!

そもそもわが家のテレビのチャンネル権は
完全に父母の手に握られておりますので、
一緒にテレビを観ようということになると
彼らの嗜好に私が便乗するというのが常なのですが、
このクールにそうやって夢中で観たドラマが
件の『チャングムの誓い』、
そして本日最終回を迎えた日テレの『女王の教室』でした。


黒づくめのひっつめ頭で、
どこにでも現れるオカルティックな女教師、
阿久津真矢(天海祐希)。


「こんな先生がいたらいいのに」のま逆の設定からはじめて、
ついにはクラス全員で「仰げば尊し」の絶唱。
学園ものとしてのリアリティはないけれど、
膨大な情報のつまった人生サバイバルマニュアルでした。


和美(志田未来)や由介(松川尚瑠輝)、
6年3組のこどもたちがよくがんばった。
和美の家族が微笑ましい。というか
尾見としのりくんがもうお父さん役なんだねえ…
もも〜くりさ〜んねん、かきは〜ち〜ねん
(これが歌える方、大林監督の尾道三部作で育ちましたね)。


ゆるゆるだったしおり先生(原沙知絵)が
最後に真矢化してたのもナイス。


そしてなにより、天海祐希ありきでした。
天海さん、ものすごくいいですね。
強烈な吸引力。あの、


「いいかげん目覚めなさい」
「イメージできる?」

がもう来週から聞けないかと思うと、ラストの笑顔になぜか涙とまらず!