こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

バナナで釘が…

映画『皇帝ペンギン』を観にいきました。
地球には想像もつかないほど我慢づよい生き物がいるんだ、
ということに衝撃を受けた。


バナナで釘どころじゃない、
マイナス40度のブリザードのなかで
なにも食べず立ったまま3ヶ月、ということが
まずどうやっても想像できない。


もう暑いとか寒いとかいうレベルで生きてないんですよね。


毎年、ほぼ同じ日にペンギンたちは海からあがってきます。
不思議だなあ。
そして、生まれ故郷の岩場まで延々と、何日も行進していきます。
ようやくたどりつくと、
冬のあいだのロマンチックかつ壮絶な子育てに突入。


卵を足の上で温めるのは、マイナス40度の世界では
ちょっとでも氷のうえに置いておいたら
卵が死んでしまうからなのだそうです。
おかあさんからおとうさんにバトンタッチするときも、
足の上から足の上へ。
なんせあのペンギンスタイルなので手が使えないため、
足とくちばしでもう必死。
見た目にはユーモラスだけど、手に汗にぎる場面でした。


そうやってようやく卵からかえったヒナはグレーと白のぽやぽやで、
強烈にカワイイ!
でも春になれば、
そのぽやぽやたちも親から離れて海へでていく。
うーん。
本能とか野性とかいってしまえばそれまでだけど、すごすぎる。


しかしこれ、よく撮ったなあ。
ちなみにBGMのセレクトは、
ここでなぜこの曲…という感じで、とてもフレンチテイストでした。