こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

21グラム

そしてまだ背中痛いよ!


寝てると余計痛いってのはどうしたらいいんでしょう。
気を紛らしたら治るのではないかと思い、
ビデオで映画『21グラム』を観たら、
あまりに重くて骨に悪い…。


突然の交通事故で夫と幼いふたりの娘を亡くした主婦(ナオミ・ワッツ)、
事故を起こしたドライバー(ベニチオ・デル・トロ)、
死んだ男の心臓の移植を受けた男(ショーン・ペン)。


時間の流れが、逆行というわけでもなく
ばらばらに切り貼りしてあるので、
慣れるまですこし緊張します。


ひとつの心臓をめぐって絡み合う3人は、
表から見える暮らしはまるで違っても、
それぞれにどん底というものを体験し、
そこから抜けだせないでいます。


たとえばベニチオのまわりに漂う過去の暗さとか、
それを狂信的な宗教に没頭することでぬぐい去ろうとする姿とか、
いくらそうしても消せない粗暴な資質とか。
ラストでちょっとソーントンとハル・ベリーの『チョコレート』を
思い出したりもしたんだけれども、
ああいう「危なっかしくてもどうにか乗り越えていけそうな予感」ではなく
「…ほんとうに大丈夫ですかそれで」みたいな不安が残る終わり方です。


救いがあるといえばあるし、
ないといえばないような寂しい安堵感。
でもこれが世の中のデフォルトなのかもしれない。
なんてことは10年前にはたぶん思わなかっただろうと考えると、
人って年取るんだなあと思って
よけいに背中が痛くなった。