こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

なんかいる

青山劇場っていうのはひとつの聖地というか、
なんか、大小織りまぜていろいろと
「いいこと」が起きる場所なんですよね。


見えないものが見える系の方に言わせると
「ああ…なんかいるからね」だそうなので(ひ〜)
そういうことも、もしかしたらひとつあるのかもしれません。


ともあれ、トニセンがこの10年の舞台歴を振り返る
「トニテン」というメモリアルブックの発売記念イベントがあるというので
取材に行ってきました。
これが、空気がゆっくり流れているようなまったりした雰囲気で、
なんだかこのところの疲れがすっかりとれてしまったようなのです。
しかも、ちょっと優しい気持ちになれたというか。
ありがとうトニセンと、主催スタッフのみなさん。