こまりさんの、はらぺこブログ

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

モ・クシュラ

映画『ミリオン・ダラー・ベイビー』。


フランキー(クリント・イーストウッド)が
マギー(ヒラリー・スワンク)にプレゼントした
ガウンにぬいつけてあった言葉
「モ・クシュラ」が、
いつしか彼女の愛称になります。


大声援を受けながら勝ち進む彼女を待っていたのは
想像もしなかった悲劇。
でも、それでも幸せだったのかな。


ヒロインの生活のすべてはボクシングのためで、
家に帰ったら薄給を全部ガラスの瓶に放り込んでるシンプルさ。
だけど、ぎすぎすしたところがまったくなくて、
むしろ鷹揚で品格すらあるのが彼女の魅力です。
こういういい子が、
あの映画史上屈指の最低家族から生まれた奇跡(笑)。
もうホントに強烈な家族だったねえ。
一家まるごと加害暴力型ニート、みたいな。
マギーは、亡き父親の良いところだけをひき継いだのか、
それとももしかしたら母親も
以前はあんな鬼っ母じゃなかったのかも。
「ママは変わったわ」という台詞がありましたし。


ともあれ、
あまりに厳しい現実のなかでもマギーがみせてくれる笑顔と
フランキーとスクラップ(モーガン・フリーマン)のほのぼのとした会話と
ちょっと(いや、かなり)足りないデンジャー少年の存在にホッとする。
音楽もいい。


クリントは、
ずいぶん優しい映画を撮ってくれるようになったですよね。