こまりさんの、はらぺこ手帖

今日もごちそうさまです。

恋せよアミーゴ

今月はなにをおいても、
それこそ文字どおり万障お繰り合わせのうえ
新宿コマ劇場に出かけたほうがいい。
松平健錦秋公演『暴れん坊将軍』、
激賛、激賛、激賛上演中!


あの徳田新之助が歌う。踊る。恋をする。
テーマ曲にのせて峰打ちで斬りに斬りまくる殺陣にも、
じいに叱られてしょげてる姿にも大コーフン。
悪代官たち3人組のナンバーがタイムボカン風でこれまた笑える
(浜畑憲吉さんが四季出身の底力をみせています)。


そしてついに観た本物のマツケンサンバのパワーは、
予想をはるかに越えていた…。


「ああぁ〜おもしろかった!」としか言いようのない
”ミュージカル”だと思いました。
もうあれだね、健さんってのは、
歌の上手い役者とかそんな次元の人じゃないんですね。
以前、鳳蘭さんが


「松平さんが男であるということは、宝塚にとって大きな損失だった」


とおっしゃっていましたが、
ホントにもし健さんが宝塚にいたら
まちがいなくトップスターになっていたと思います。