こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

さんばぶらじ〜る

…というと思い出すのが『やっぱり猫が好き
三谷幸喜脚本、
恩田家の三姉妹の日常が描かれる抱腹絶倒の深夜ドラマ)である。
三女(小林聡美)が預かってきた
貴重なはまぐり「ペペちゃん」が
うっかり普通のはまぐりに紛れてどれだかわからなくなってしまい、
ブラジル産である「ペペちゃん」のリアクションに賭けるため、
はまぐりを並べたそばで次女(室井滋)が
「ブラジル」を歌いながら激しくサンバを踊る、というシーン。


あのときの室井さんのように、
今日のエスペト・ブラジルのお客さまたちも
踊りに踊っていました。


このあいだ中目黒のライブでご一緒させていただいた
マリオさんが出演なさるというので
繰り出した大塚のお店で、
踊るおおまり、
そして踊るみうらさん。
おもしろすぎた。


ちなみにこの写真の撮影直後、
私も踊りの輪に強制連行されました。


次の機会にはなるべく早いうちに
5、6杯ひっかけて心の準備をしておこうと思います(笑)。