こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

私語

秋に来日する『ビッグ・リバー』の
制作発表コンサートに行きました。
『ハックルベリーの冒険』のミュージカル。
楽しかった。


音声としての言葉と手話とが融合した[デフシアター]。
それがなんかすごく普通なの。不思議だなあ。


会場には通訳さんが3人。
英語から日本語への通訳さん、
英語手話の通訳さん、
そして日本語通訳さん。
そうか、文法が違うんだから
英語と日本語じゃ手話通訳のやりかたも変わるのか。


手話って私語にも便利ですね。
記者会見中、隣の人や客席の人とも”喋りまくり”の
ジョルダーノくん=ハック役。おちゃめ。