こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

政樹です

「京樣のライブ」へのお誘いをいただいた。
京様とは、京本政樹のことである。
伺いますとも(笑)!


京本さんは実は元々シンガーソングライターなのである。
しかし時代劇で当たった頃から
コンセプトを和風にきりかえるため(そうなのか?)
ライブやコンサートを封印。
このたびいよいよ新しいアルバムを出してライブも復活、
ということになったそうです。


客席は、こんなことでもなければ
Zepp Tokyoに集まりそうもない雰囲気のお客さまでいっぱい。
おおいに盛りあがり、
その客席に向かって流し目をしながらギターピックを投げまくる京様。
おそるべき若さと美しさです。
そしてあいかわらずものすごいおしゃべり。
こんなおしゃべりな人がどうやって
あんな寡黙な<組紐屋の竜>を演じることができたのでしょう。


懐かしいなあ『必殺仕事人』。
実は当時、組紐屋の大ファンだった私は、
中古レコード店で買ったアルバムをかなり聴きこんでいたため、
今日のライブでも昔の曲メドレーに
だいぶ積極的についていくことができました。


なんかこの秋、『必殺』撮影スタッフ再集結による
京本政樹写真集が出るらしい。


み、見たい…。