こまりさんの、はらぺこ手帖

なんでもないようなことが、しあわせなんだとおもう。

バラババン!

久しぶりに歳さんの歌でも聴いてみるか、と思い(笑)
『ボーイズタイム』のビデオを引っぱりだしてみました。
2000年にパルコ劇場で上演された
宮本亜門演出の”男だらけのミュージカル”、
オーディションで選ばれたという出演者は
藤井隆さんから山本耕史くん、
お笑いからダンス界まで、異種格闘技な顔ぶれです。
テレビ進出寸前の佐藤隆太くんや、
まだ目があいてないっぽい森山未來くんもいたりします。


迷える情けない男たち10人が旅に出て…という
さほど珍しくはないストーリーだけど、
全編ウルフルズのありものの曲を使っていて
それがみごとに場面場面にはまっていること、
そしてどっち向いても「バカばっか」的なキャラクター揃いで
最初から最後まで底抜けに楽しい作品。


ショータイムの踊りもみごとで、
一緒に観にいったけいちゃんとどうしてももう一度観たくなり、
当日券の抽選に並んだ(そして当たった)記憶があります。


久しぶりに聴く耕史くんの歌は、
喉にひっかけるような独特な節まわしで
気持ちいいことこのうえない。
そしてびっくりしたのが、兄貴の役やってるのって、
又三郎(『新選組!』の、八木邸の使用人から芹沢派に入ったヤツ)
じゃない!?
水玉れっぷう隊松谷賢示さん。
はあ〜、又三郎だ。なんかイイな。